メニュー

文字サイズ

中札内村のえだ豆

中札内村のえだ豆

JA中札内村枝豆事業部会は、取れたてのおいしさをいつでも味わえる冷凍枝豆製品作りに取り組んでいます。大型機械での収穫作業の効率的な生産体系化や、加工処理施設の拡充、貯蔵施設の増設などを、JAと一体で整備。圃場や集荷段階など3段階にも及ぶ残留農薬検査の実施など、安全で安心な枝豆を追及する姿勢と品質の高さから、商品の引き合いも強く、36都道府県の学校給食への供給をはじめ、海外にも販路を広げています。加工品の売上高は20億円を超え、北海道十勝地方を代表する特産に育てました。

美味しさの秘密

1.需要見越し産地改革 3時間以内に製品化

枝豆の品種は収量が多く、穏やかな香りと甘みがある「大袖の舞」を主力品種とし、栽培に当たっては肥培管理を徹底することで“倒伏させないえだ豆作り”を基本にしました。これは、収穫量の減少と製品への異物混入を防ぎ、品質の安定化を図るためです。また、標高差による地域の気象条件の違いを考え、8地区それぞれで早播き、遅播きを行い、播種期間を5月1日~6月10日の延べ40日間にすることで、収穫時期の分散を図りました。

品質の高いえだ豆作りのための分析を重ねた結果、収穫から3時間以内で製品化することによって食味が落ちないことがわかりました。

そこで、収穫・輸送時時間を極限まで短縮するために、①圃場への農道の整備、②収穫の障害となる立木枝の管理、③圃場に10メートル幅のハーベスターの旋回スペースを設けたことにより、収穫段階におけるハーベスターの圃場内の旋回時間を短縮しながら、えだ豆を運ぶダンプカー輸送も効率化しました。その結果鮮度を保ったまま、村内の一番遠い圃場からでも収穫後3時間以内に冷凍処理ができるようになりました。

中札内村のえだ豆 美味しさの秘密

2.安全・安心を各工程で追及 農薬検査は3重の体制

安全・安心へのこだわりは、生産、加工、流通の各過程で追及しています。

隣接する圃場から農薬が飛散してくるリスクを考え、えだ豆圃場の周囲に2.4メートル以上の幅でエン麦を育てる、額縁栽培(四面囲み)を施しています。

また、平成18年度から「残留農薬分析検査細則」を設け、全圃場で収穫前のサンプル検査を実施しています。検査方法として、①収穫予定日の1週間前にJA職員立会いの下、サンプルを採取し、②サンプルは十勝農協連農産化学研究所で検査、同時に生産履歴と農薬使用基準の確認も行い、検査と書類の“ダブルチェック”に適合した圃場だけが収穫・出荷できる仕組みになっています。

農薬検査検査1

平成21年からは加工処理施設でもえだ豆を受け入れる際に、残留農薬検査を行う“トリプルチェック”を行っています。さらに、冷凍処理を施されたえだ豆に、段ボールごとに生産圃場を特定できる番号が割り振られる「トレーサビリティ(生産・流通履歴を追跡する仕組み)」も導入しています。

平成23年には、加工処理施設が、北海道のJA施設で初めて「北海道HACCP自主衛生管理認証」を受けました。また、農産物加工処理施設に従事する正職員90人全員が「食品衛生責任者」資格を取得しています。

農薬検査検査2

過去の受賞歴

平成22年 第39回日本農業賞「特別賞受賞」
平成23年 そのまま黒えだ豆「日本農業新聞2011一村逸品大賞」受賞
平成27年 そのままえだ豆 第1号「北のブランド金賞」認定
平成28年 そのままえだ豆 第45回日本農業賞「大賞」受賞
平成28年 「北のブランド2016金賞」受賞
受賞写真01
受賞写真02
受賞写真03